扶養の範囲内だと税金を軽減

昔は女性は家庭に入り育児や家庭を守り、男性が外で仕事をして稼いでくるのが主流でした。しかし近年は不景気の影響で給料カットされたり、女性が社会進出し働きたい人が増えています。そうした時代傾向で共働き家庭も増え、女性の働き方は多様化しています。 男性が一般の会社に勤めている場合は大概、その妻は扶養者となり年金や健康保険の支払いが免除になります。また夫である男性にも扶養しているという面で所得税の負担が軽減されています。会社によっては扶養手当が出るところもあります。 しかし妻が一定以上の収入があると扶養者から抜けてしまうので、妻自身に社会保険料や税金の支払義務が生じてしまいます。その収入の境が年間103万円までと言われています。年金を考えると社会保険に加入した方が会社が半分負担金を支払ってくれるので将来貰える年金も増えてメリットがあります。しかし夫の扶養控除がなくなり、扶養手当も出なくなります。中途半端にちょっと境を越える程度ですとかえって損をしてしまうので、あらかじめ収入を計算し調整しておくと良いですね。 主婦のバイトの求人を見ると「扶養範囲内で働けます」と記載されているところがあり、そうした場所では扶養を外れる収入を得られないように時間数を調整してくれています。扶養を出たり入ったりするとその都度手続きが必要になるので、求人を探す時にどのような働き方が良いのか夫婦で話し合っておくと良いでしょう。